So-net無料ブログ作成
検索選択
キャラメルボックス ブログトップ
前の10件 | -

「流星ワゴン」を観に行くかどうか迷っている人へ。 [キャラメルボックス]

現在上演中の、演劇集団キャラメルボックスの公演「流星ワゴン」。

「泣いた」「よかった」という感想をネット上などで目にします。
しかし、もしかしたら、「観て辛くなる作品なら、今は観たくない…というか観ることはできない」
と思われる方がいらっしゃるかもしれません。
そういう方にむけて、自分が観た感想を書こうと思います。

「泣ける」という誘い文句では心を動かされない僕から、あなたへ、
「ぜひ、観に行っていただきたい」と、伝えたくて。
心に届くエンターテインメント作品として、おすすめします。

原作の小説は、重松清さんのベストセラー。
2002年度「本の雑誌」年間ベスト1にも選ばれているそうです。

僕がこの小説を読んだのは、2005年の、文庫本発売の時。
「好き」というには、ずいぶん心に「痛み」を感じる小説でした。
だけど、大切に思っていて、現在、再々読中です。

キャラメルボックスが「流星ワゴン」を舞台化する、ときいた時は、
「好きな作品だけど…これを舞台で観るのは、かなり辛いだろうなぁ」と思いました。

現実の、辛いことや悲しいことから、目をそむけたくはない。
でも、ただでさえ現実には辛いことがたくさんあるのに、
それ以上、辛いストーリーを観たいとは思わない。
まして、いろいろなことがあった今年。
これを観て落ち込む危険性すら感じていました。

僕の観たいのは、現実が変わらなくても、ちょっと違う視点を教えてくれるもの。
心があたたかくなったり、自分のまわりのものがいとおしくなったり、
明日への1歩を踏み足す力をもらえるもの。
そして、誰かが、真剣に、一生懸命に、心をこめて何かをしている、姿と、その表情。

今回、舞台の「流星ワゴン」を観て、驚きました。
まさに、上に書いたような作品に仕上がっていたのです。
さすが、心がほかほかになる作品を作り続けてきたキャラメルボックス。
もう、見事に、やられてしまい、それが、とてもうれしくて。
作品と、登場人物と、そしてお客さんへの「愛」にあふれていたのです。

原作は、あのモノトーンといえる世界が魅力だと思います。
でも、キャラメルボックス版では、原作のひりひりとした世界と、
それをより伝えるためのさまざまな彩りとのコントラストが、魅力だと感じました。

まず、このキャラメルボックス版は、物語の世界へすんなり入れる仕掛けが、あるんです。
その仕掛けに乗せられてしまうので、素直に、物語を受け入れられるんですね。
いろいろ考えを巡らせる前に、ただただ、登場人物の状況に、入り込んでしまう。
すると、辛さだけじゃなくて、それを乗り越える力まで、伝わってくるのです。

それから、本を読んで自分が想像していたより、はるかに魅力的な、登場人物たち。
自分が読んだ時は、距離を置いて見ていた人物たちが、
心にキラリと光るものを持って目の前にあらわれるのです。
それぞれにダメな部分を抱えていても、それを含めて、全員のことが好きになってしまいました。
だからこそ、あのラストの、
自分で読んだ時には味わえなかった感動につながったのだと思うのです。
どの登場人物にも、「ありがとう」と伝えたいです。

そして、心をときほぐすような笑いがあることに、救われます。
痛みから目をそらさずに、描くべきところは描いているけれど、
その痛みにどっぷりと沈めてしまうような、突き放されたような感覚には、ならないのです。
そして、そうやってほぐされた心で観るからこそ、ストレートに、
登場人物たちの気持ちが伝わってくるのだと思います。

音楽や照明も、人物や物語を、あたたかく包んでいて。
決して、無理やり泣かせにかかってきたりはしないのです。
安心して、浸ることができます。

いつもよりちょっとおそるおそる観に行った神戸公演初日。
初日に行ってよかったです…あと2回、観劇することができたから。

この作品を、舞台化してくださって、ありがとうございます。
エンターテインメントとしてのこの舞台の後ろには、
キャラメルボックスが今まで積み重ねてきたもの、伝え続けてきたのものが、
透けて見える気がして、それにも、感動しました。

余談ですが、今公演のテーマに使われている曲、
SEKAI NO OWARIの「スターライトパレード」。
今、ラジオから、がんがん流れています。
今週だけで、ラジオで3回も聴いてしまい、そのたびに、舞台のことを思い出しています。
公演のテーマ曲が不意打ちでしょっちゅうラジオから流れてくる、という状況は初めてで、
いやはや、どうやって気持ちをコントロールすればいいのでしょう…(笑)

公演情報はこちら。
http://www.caramelbox.com/
残すところ、東京公演のみ、12月25日までです。
平日がおすすめ、とのこと。今からでも、チケットの購入ができます。

あと、こちらで、舞台のダイジェスト映像を観ることができます。
http://www.caramelbox.com/stage/meteor-wagon/interview.html#movie

この記事は、こちらのブログにトラックバックを送信します。
http://caramelbox-kato.blog.so-net.ne.jp/2011-12-16


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

劇場は、「いい感じ」な空間ですよ [キャラメルボックス]

「劇場」に行ったことのない方へ。 
キャラメルボックスの公演の会場って、どんな空間なのでしょう。

前の記事で、キャラメルボックスの公演にぜひ行って!という記事を書きました。
ここでは、劇場について紹介したいと思います。

誤解されている方もいらっしゃるかもしれませんが、
初めての人でも、男性1人でも、女性1人でも、気まずくありません。

1人で行っても、その空間にいるだけで、なんだか心の中から
少しずつ「楽しい」という気持ちが生まれてくる…そんな場所なのです。

ちなみに、サンシャイン劇場の客席数は、816席です。
…この数字も、イメージの手助けになると思います。

以前、「お芝居を観るのは初めて」という人と一緒にキャラメルボックスを観劇した際、
その人は、お芝居以外でもいろいろと驚いていました。

「もっと狭い会場だと思ってました。
でも、想像してたより大きくて、きれいで、びっくりしました。」

「劇場のイメージって、もっと暗くて、
勝手を知ったお客さんや顔見知りが多いと思ってました。
初めての人間がしかも1人で行くには気まずいと思っていました。
でも、そんなことはなくて、たくさんのお客さんがいて、
1人の人もグループの人も、それぞれが楽しんでる感じがよかったです。」

「グッズ売り場もなんだかおもしろそうだし(最初は買わなかったけれど)、
開演前にも音楽が流れてたり、なんか、観る前からわくわくしました。」

「っていうか、こんなところに、こういう『劇場』というものがあったんですね。
それすら知りませんでした。」

そして、僕も、初めて観劇した時、
何の気負いも必要なかったことを、今でも覚えています。
初めてなのに、すっと入れて、いろいろほどよくて、居心地がいい…そんな感じ。

僕の場合は、逆に、もっと大きなホールを想像していたので、
どこからも見やすく、一体感を感じられる劇場が、好きになりました。

気まずくなるほどこじんまりとはしていないし、
荷物検査をさせられるような大ホールのライブともまた違います。

劇場のホームページはこちら。
http://www.sunshine-theatre.co.jp/index.html

そして、こちらの、キャラメルボックス製作総指揮である加藤昌史さんのブログの記事も、
よかったら読んでみてください。
どのような考えのもと、劇場という空間ができているか、わかると思います。

http://caramelbox-kato.blog.so-net.ne.jp/2011-06-04 

入り口のところには、当日券の売り場やチケット当日受け渡しの窓口が、
わかりやすく配置されています。

入り口でパンフレットを受け取ってすぐのところが、ロビー。
思い思いに時間をすごせる空間です。
グッズの販売コーナーでは、
販売ブースの隣に見本コーナーがあり、
じっくり選んだり、「どんなのがあるのだろう?」とちょこっと見たりもできます。
初めての方にもわかりやすいけど、実は常連さんがこっそり「ニヤリ」と喜ぶ
いろんなものも隠されています。
何やら扮装した大きなブタさんのぬいぐるみとか、ね(←詳しくは現場でご確認を。笑)。

そして、客席へ。
温かくて、日常のすぐ隣にあるけど、日常とは違う空間。
そこで、目の前で繰り広げられる物語。
声はマイクではなく生声。音楽と照明が大切な役割を担う。
そして、一緒にいるお客さんと、一緒に笑い、盛り上がり、涙する。
いつのまにか、心が満たされている。
で、実は、気づかない場所で、しっかり、守られている。

…劇場は、そういう場所なのです。

なんだかよくわからない、暗い、気まずい、…そんなことないです。
敷居が高そう、初めてでも楽しめるかわからない、…そんなイメージとも違います。

そこは、みんなで生み出す、濃密な時間と素敵な空間。
大切な人と行くのもオススメ
1人で行くのもオススメです。

ぜひ、1度、行ってみてください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

キャラメルボックス2011ハーフタイムシアター東京公演、本日開幕 [キャラメルボックス]

演劇集団キャラメルボックスのハーフタイムシアター。
本日、東京公演が開幕しました。

大阪公演を観たのですが、おすすめです。ぜひ行ってみてください!
作品紹介や、私の観た感想は、また次回に書くとして、まずは公演情報を書きます。

ハーフタイムシアターとは?

 気軽に観られる上演時間60分の短編演劇。
 今回は、『水平線の歩き方』と『ヒア・カムズ・ザ・サン』を2本立てで上演。
 両作品のあいだの時間は30分で、客席・ロビーですごすことができます。
 もちろん、1作品だけ観ることもできます。
 上演開始時刻がいろいろなので、行きたい時に気軽に行くことができます。
 2作品の上演順は、日替わりです。

東京公演の日程、会場は?

 6月2日(木)~6月19日(日) サンシャイン劇場

 サンシャイン劇場は、東京メトロ有楽町線「東池袋駅」から、地下道で直結の徒歩5分。
 各線「池袋駅」からは、サンシャインシティの方を目指して徒歩15分。

 詳しい日程や行き方は、こちらをご覧ください!
 http://www.caramelbox.com/stage/halftime2011/index.html

チケットの取り扱いは?

 キャラメルボックス03-5342-0220に電話するか、
 http://www.caramelbox.com/ で予約できます。
 また、当日券も販売されます。

 今、東京では、エンターテイメントの前売り券があまり売れていないそうです。
 この公演も例外ではなく、特に平日は、まだまだ席があるそうです。
 巨大地震のあと、予定が立てづらくなっている人が多いからだと思われます。
 ということは、逆に言えば、思い立ったらいつでも行ける、ということです。

 夜の公演なら当日の16:00まで予約できますし、
 平日なら、当日券でも、今の状況なら確実に観られるでしょう。
 平日の19:00開演なら、見終わってもまだ20:00!
 平日の20:30開演、なんてのもあります。お仕事の後にいかがですか?

 チケット代は1作品4,000円。
 「1時間で4000円」というと割高に感じるかもしれませんが、 満足度は2時間ものと一緒!
 いや、むしろ1時間に凝縮されたこちらの方が好きという方もいらっしゃると思います。

 それでも、観たことのない方にとっては、躊躇するお値段かもしれません。
 観てしまえば、値段以上のものを体験できるとは思いますが、 まずは最初の1歩。
 半額で見られる方法などもあります。
 詳しくは下記WEBサイトをご覧ください。

 http://www.caramelbox.com/stage/halftime2011/index.html

どちらの作品も、観れば元気になれます!
1時間なんてあっという間。でも、こんなに濃い1時間はなかなかないでしょう。
1時間で完結するストレートな物語。笑いがたくさんあって、それだけでも元気になる。
でも、最後には、心の底から元気になるような何かをもらえることでしょう。

「人を信じること」「人を想うこと」…それをもう1度信じて、
明日へとむかう温かいエネルギーをもらえるような。

さぁ、平日の夜、土曜の夜、1時間で元気になりたい人や心の洗濯をしたい人は、池袋へ行こう!

…土日の昼を観たくなった人は、急いで予約しよう(笑)…まだ間に合います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「バイ・バイ・ブラックバード」終了 [キャラメルボックス]

キャラメルボックスの「バイ・バイ・ブラックバード」。全日程が終了しました。

前回の記事を書いたあと、さらに3回観に行きました。

18日(金)。仕事の後、1人で観劇。
セリフの「言葉」に真剣にむきあっていたら、いろいろ突き刺さってきました。
自分のことをいろいろ考えたりと、結構、心の体力を使う観劇となりました。
これはなかなか疲れました。

19日(土)。もともとは、行く予定はなかったんです。
でも、昼間に大阪のなんばのカラオケ店に行って、
劇中で使われる、AIRの「One Way」という曲を歌ったら、
「…観に行くしかない!」という気持ちになってしまい、阪神なんば線で神戸へ。

ちなみに、「One Way」は、2回目のパフォーマンスシーン(“記念写真”)と、
ラストシーンで流れていた曲。

製作総指揮で音楽監督でもある加藤さんに、終演後に、
「One Wayを歌ったら“観るしかない”ですね」という話をしたら、
実際歌ってみて初めてわかったこの気持ちを、すごくわかってくださいました。笑
あれは…切ない…。
で、観に行ってよかったです。

あと、この日は、4回めにして初めて、鍛治本さんに泣かされました。
東京で観た時と、全然違う風に見えたのは、
演技の変化なのか、僕の変化なのか。
東京では、「諦めと開き直り」に見えたのが、
「自分のふがいなさと、両親への思い」が伝わってきて。
この日一番心を動かされたのは、鍛治本さんの一連のセリフであり、
そして、大好きなシーンとなりました。

で、20日(日)。大千秋楽
有馬さん、やりたい放題に楽しんでたような…。楽しかったです。

終わった寂しさよりも、背中を押してもらったような気持ちの方が大きいです。
また、何年かしたら、観てみたいな。
その時には、自分自身の変化によって、また違う何かを感じられるような気がします。

そして、手元には、サウンドトラックCD。
これも、素敵な出会い。

…あ、そうそう。大千秋楽の「出演者による一言挨拶」の、BGM。
AIRのとある曲だったのですが、
一瞬音量が大きくなった時、ちょうど「フラッシュバック」という歌詞が聞こえてきて、
なんだか「うわっ」と、心動かされたのでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

【ネタバレ】「バイ・バイ・ブラックバード」 [キャラメルボックス]

前回の記事で書いた、「バイ・バイ・ブラックバード」ですが。
2度、観劇しました。
思ったことを書いてみようと思います。

以下、ネタバレあり


キャラメルボックス「バイ・バイ・ブラックバード」 [キャラメルボックス]

今、新神戸オリエンタル劇場で上演中の、
演劇集団キャラメルボックスのお芝居「バイ・バイ・ブラックバード」。

いろんな人…とりわけ、演劇を観たことのない人に、
ぜひぜひオススメします。

とある病気の流行のため、数年分の記憶を失う人が多数発生。
ここは、現代の東京の、とある学校。
そこは、記憶を失った人が、記憶の年齢別のクラスで、改めて勉強する場所。
ナツカは、16歳のクラスに入った。そこには、他に4人の「16歳」がいた。

「16歳までの記憶しかない」「16歳以降の記憶がない」…そういう人たちの葛藤。
「身近な人が、16歳以降の記憶をなくしてしまった」…周囲の人たちの葛藤。
そして、お互いの、想い…。

切なかったり、温かかったり、いろいろな想いが描かれています。

いろんな人の気持ちに触れてみたり。
自分だったらどうだろう…と考えてみたり。

観終わった後も、いろいろと想像がふくらむ、そんなお芝居です。
観る人によって、共感する人物も違うでしょう。

わかりにくいたとえかもしれませんが、
ストーリーや感情がめまぐるしく変わるお芝居を「ジェットコースター」にたとえるなら、
このお芝居は、「水族館の大水槽のようなお芝居」だと思います。
どの魚を観るも自由。空想で一緒に泳いでみてもいい。
眺めているだけでも、美しかったり、切なかったり。

でも、そんな中で、「おっなんだろう?」と思わせる展開があったりして、
物語が進んでいきます。

美しくもシンプルタッチで描かれて、人の気持ちがクローズアップされたお芝居。

そして、このお芝居、1度観ると、もう1度観たくなります。

1度めは、セリフを言っている人に注目して観るでしょう。
しかし、2度めは、きっと、
観た人それぞれが注目したいと思う、「誰か」を追いかけて観たくなるはずです。
しかも、追いかける人は、おそらく人それぞれ。

20日の日曜日まで、新神戸オリエンタル劇場で上演中。

詳細はこちら。http://www.caramelbox.com/

ネタバレの感想も書きました、こちらも、近々アップいたします。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「エンジェル~」2・3回目 [キャラメルボックス]

※「CaramelBox★加藤の今日 Blog」にトラックバック送信いたしました。
http://caramelbox-kato.blog.so-net.ne.jp/2009-11-22

エンジェル・イヤーズ・ストーリー。
20日(金)に2回目、22日(日)に3回目の観劇をしました。

観るたびにいろんな見方ができるお芝居だと思います。
何回でも観たくなりました。

名古屋神戸公演は終わってしまいましたが、
11月28日~12月25日、東京公演があります。

詳しくはこちら。http://www.caramelbox.com/

この先、ネタバレの感想を書きます。
まだご覧になっていない方は、読まないことをおすすめいたします。

ここからネタバレ


地元の書店で。 [キャラメルボックス]

とあるコミック本を買いに、地元の小さな本屋さんへ行きました。

目当ての本は見つかりませんでしたが、
新刊本のコーナーに、「天使の耳の物語」を発見!
おお、なんか嬉しいぞ。

先週土曜日に、劇場で購入したので、今回は買いませんけれども。
ちなみに、買ったその日に、夜更かしして最後まで読みました。


エンジェル・イヤーズ・ストーリー [キャラメルボックス]

演劇集団キャラメルボックスの新作「エンジェル・イヤーズ・ストーリー」。
神戸公演初日。観劇に行ってまいりました!

今まで、キャラメルボックスのお芝居は30本くらい観てきましたが、
その中で、一番、「2時間があっという間」でした。
ずっとのめりこんで見てました。おもしろかったです。

以下、観劇の妨げにならない程度のネタバレが含まれます。
気になさる方は、ご注意ください。

 ある日突然、他人の「心の中の声」が聞こえるようになってしまったお父さん。
 家族までが、心の中で、父のことをよく思っていないようだ。
 幸せな家族と思っていたのに…愕然とするお父さん。
 しかし、それと同時に知ってしまった、子どもを巻き込むある事実。
 お父さんは走り出す。

役者さんが、その役以外で、
舞台上でさまざまな役割を果たす作品は、今までもありました。
でもそれは、あくまで、「スマートに」「カッコよく」だったと思います。

今回は、スマートどころか、もう、大忙し。
それが、驚きでもあり、おもしろくもあり。

主役の西川さんはもちろん、セリフも多くて大変そうなんですが、
他のみなさんの活躍、奮闘ぶりは、目が離せませんでした。
特に、細見さん!
細見さんを追いかけるだけでも2時間あっという間でしょう。

観劇直後は、ストーリーより、
役者さんの動きの方が印象に残ってる、妙な感覚。
でも、思い出してみれば、物語も、先が気になる展開で。
原作の小説も、どんどん引き込まれて一気に読みましたし。

チラシのイメージとは違って、
ざらざらとした肌触りや、苦味もありましたが、
観終わってからチラシを観ると、「ああ!」って胸にくるものがあります。

娘がお父さんに投げかける気持ちは、辛らつでした。
「観劇後も、この気持ちが後味として残ったら嫌だなぁ」って、
その時は思いました。

でも、そんなことはありませんでした。
それを別の温かいものでかき消された、というよりは、
それを乗り越えた先に行けた、という感じ。

このタイミングでこのお芝居を観られてよかった、と思います。

今、とにかく、早くもう1度観たいです。
でも、このお芝居は、これからどんどん変わっていくと思います。
もっと先の公演も観てみたい。
行ける回数は限られているので、悩ましいです。

演劇集団キャラメルボックス2009クリスマスツアー
「エンジェル・イヤーズ・ストーリー」
神戸公演は11月22日(日)まで。
東京公演は11月28日(土)~12月25日(金)

詳細はhttp://www.caramelbox.com/

…というところで、ネタバレしない程度の文章は終わりです。
でも、これでは中途半端なので、この先はネタバレしながら書こうと思います。

☆ここからネタバレ注意☆


おもしろかった~ [キャラメルボックス]

エンジェル・イヤーズ・ストーリー。
神戸公演初日に昨日行ってきました。

おもしろかったー。

ブログライター企画の記事を書かなきゃいけないんだけど、
書きたいことがいっぱいで、まだ書き終わらない…。

明日までにがんばってまとめますー。


前の10件 | - キャラメルボックス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。