So-net無料ブログ作成
小さな旅 ブログトップ
前の10件 | -

滝の茶屋 [小さな旅]

今日、滝の茶屋駅から見た景色は、
心に残って離れない。

灰色の海。浮かぶ船。ホームに降る雨。

風の丘 [小さな旅]

4月17日、鶴見緑地に行ってきました。

風車を見上げる丘に、チューリップが、たくさん咲いています。




黄色


好きな場所です。


鶴見緑地の山の上から、梅田方面を見ました。


鶴見緑地駅も、きれいに飾られていました。
京橋から、4駅です。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

桜探し [小さな旅]

昨夜は、遠雷を耳にしつつ眠りにつきました。
そして、朝早く目がさめました。

なんだか気持ちのいい気候。
少し、自転車で出かけてみることにしました。

7時すぎの公園には、ウォーキングをする人がたくさん…。

桜は、遠くから見ると、ほのかに色づいています。
でも、木の下には、ブルーシートが敷いてあったり、
昨日の宴会の残骸が残っていたり…。

でも、人の少ないエリアに、きれいな桜並木がありましたよ。

教えてもらった
「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」という中編映画を観ました。
花火大会の日を少年たちを描いているのですが。

感想は…胸キュンキターーーーーーーーーーーーーーっ!
切なくて、温かくて、淡くてキラキラで…。

「これはみずさんに観てほしい」という風に薦められて、
それが見事にツボにはまったというのが、なんだか嬉しかったです。
2度観ました。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

  • 出版社/メーカー: ビデオメーカー
  • 発売日: 1999/08/07
  • メディア: DVD

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「サボテンの花」おまけ。大阪城梅林。 [小さな旅]

「サボテンの花」を見に行った日、
開演前に、近くにある梅林を訪れました。
大阪城の梅林です。

ほとんどの梅は散ってしまっていましたが、
中には、こんな可憐な花も。

梅林からは、シアターBRAVA!も見えました。
手前に見える水面は、大阪城の外堀です。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

須磨の浦 [小さな旅]

先週の水曜日、神戸に行く用事がありました。
帰り道、夕陽がまぶしかったので、ふと思い立って、
大阪とは反対方向の列車に乗りました。

JR神戸駅から、快速でたったの8分。

JR須磨駅。午後5時前。駅の階段を下りると、そこは…


夕暮れの砂浜。

駅と砂浜が隣接しています。
駅の構内図にも「砂浜」という表記があるくらいです。(駅の案内はこちら

桟橋には、誰が置いたのか、ひとでが。

 

日没までもう少しだったので、待ちました。
でも、太陽を直接、携帯電話のカメラで撮ると、
まぶしすぎて太い線が写りこんでしまうので、写真は撮れません。
なので、眺めてました。

同じく眺めている人がもう1人。
学生のようです。桟橋に座って勉強をしていました。

あと、魚を釣っている人が1人。

やがて、夕陽は、淡路島の島影のむこうへ沈んでいきました。

神戸って、いろいろな魅力があるけれど、
海や山が近いというのが、いいですね。神戸駅から8分だなんて。


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

高知旅日記 [小さな旅]

昨日は、うちの近所で、スピッツが企画する、野外ライブイベントがあったようで。
ラジオが、そんな話題でもちきり。
ライブレポートの載っているサイトを探して、ちょっと読んでみたり…。

さてさて。
8月の27・28日、高知に行ってきた。
27日の夜に行われた、大学のオーケストラ部の、高知公演を追いかけて。

友人から、そんな企画が持ち込まれて、即、乗っかった。おもしろそう!
で、実際、楽しかった。地味なこだわりをふんだんに盛り込んで…。

地味なこだわり…というのは、例えば、「行きと帰りは違うルートを通る!」とか、ね。

メンバーは、オケ同期3人衆。ただし、気持ちの上では4人。1人どうしても行けなくなったのだ。
3人とも、車はだんぜん前の席が好き。交代で、前の席に座った。

朝、関西を出発した我々は、まずは岡山方面へと走る。
瀬戸大橋経由で四国へ行くルートだ。
車は、メンバーの1人の所有車である、黄色のスイフト。
この車が、こののち、高知のあちこちで目撃されることになる。
ちなみに、ミッション車。

車にはハードディスクが搭載されており、CDウン十枚分のデータが入っていて、
そこから、新旧洋邦問わず、いろんなジャンルの音楽がシャッフルされて流れてくるので、
音楽には事欠かない旅となった。
他には、僕が編集していった、「甲本ヒロトスペシャル」みたいなCD-Rを鳴らしてみたり。
「アクセル全開ゴゴッゴー♪」

おーすげぇ…とか言いながら、瀬戸大橋を渡る。
昼食をする場所は、相談するまでもなく、瀬戸大橋の中間にある、「与島」が選ばれた。
もの珍しさには、すぐ反応する、我々である。
そして、ここが香川県だという、それだけの理由で、うどんを食す。
空が広いから、太陽がまぶしい。気持ちいい。はるか上空を列車が通る。

そして、再び高速道路をひた走り、四国に突入。
ため池やとがった山を眺めつつ、水のない川を渡り、
高知道を経由して、高知へ。宿にチェックイン。
そして、国道を1時間ほど走って、とある海辺の街に到着。

いやー、素敵な街だ…。
と言っても、直接ホールに乗り込んだので、その周辺しか見ていないけれど、
海がきれい!静か!のどか!!
ホールのロビーは、24時間テレビのチャリティー会場にもなっていて、
そろいのTシャツを着た人がたくさんいる。
こりゃ、演奏会のアンコールはサライか?!などと考えてしまう。
ちなみに、その時点で、開演1時間半前である。

でも、楽屋として使っている部屋が、なぜだかロビーに面していて、
その辺にいれば、知っている後輩が通ったりもする。
結局、開演まで、ロビーですごすこととなった。

そして、演奏会。
6月の演奏会と同じプログラムなんだけど、
いやー…同じプログラムを聴くのが2度めっていうのは、楽しいね。
いろんなことがわかってるから、わかってて聴く楽しさがある。
前半、トランペットのソロがうまくいって、心の中でガッツポーズ。感動その1。

後半は、シベリウスの交響曲第2番。
僕は、この旅は、お気軽に楽し~い気分でふら~っと来たわけだけど、
突然、シベ2の世界に、引きずり込まれる。
ああ…この曲、大好きなんだった…自分…笑。
1人の自分は、ラッパパートを心の中で目一杯応援しつつ、もう1人の自分は、シベ2にどっぷり。
アンコールは、もはや、曲にどっぷり…である。これまた大好きなカレリア。

それにしても、一種独特の空間だったなぁ。
何がって、お客さん。楽章ごとにわきおこる拍手…とか。
オーケストラを聴く経験がほとんどない方々に、
生のオーケストラを心から楽しんでいただけたなら、大成功だと思うんだけど、
客席にいる限り、楽しんでいただけていた気がする。
前の席にいる年配のお客さんは、リズムに乗ってはったし、
カレリアが始まったら、「おぉ!カレリアやカレリアや!!」と、
両隣に話しかけてるお客さんもいらっしゃったし。
まぁ、「オケ経験者でシベ2は吹いたことある!」みたいな僕も、楽しんでたわけだけど。
そして、アンコールが終わったのに、シャン!シャン!と、全員揃ってつづく手拍子…。
演奏会を終わらせることができなくなり、最後は、出演者全員が笑顔で客席に頭を下げる
…という、美しくて楽しくてアットホームな光景が見られた。

お気楽気分で高知まで行った僕だけれど、心底、満たされたのだった。

現役の人たちのバスを追いかけて、高知市内へ。
そして、宿に一旦帰り、車を置いて、歩いて、地元のお店に行く。

当然、カツオのたたきは食べる。
お酒をちょっとだけ飲んで、いい気持ち。
なんだかんだで、楽しい1日というのは、心地よーく、疲れているものなのである。
ホテルに帰って、それぞれ休む。

翌朝。
高知城へ行くと、…やはり、みんな行くところは一緒なのか、
城の入り口でバッタリ、天守閣の階段でバッタリ、お城のベランダ(?)でバッタリ…と、
後輩に出会う。高知城の中でこんなに知り合いに出会うなんて、なんだかおもしろい。楽しい。
天守閣のてっぺんは、風が気持ちいい。

そして、お昼前に高知を出発し、あえて路面電車に沿った道を選んでもらってしばらく走り、
そして、山道へ。
ほどよく(←違うっ!)車に酔ってきて、「ごめん、一旦止めて~!」と頼んだ駐車場が、
ちょうど、大歩危。
スケールのでかい風景を目の前にして、e-maのど飴をなめて、酔いを静める。

そして、井川池田インターから高速に乗ろうとして、高速道路に沿った道路を走っていると、
高速道路に、見慣れた…っていうか、昨日の夜追いかけた、
某関西のバス会社の、2台のバスが…。
俄然テンションが上がる。追いかけるというのは楽しいものである。もちろん安全運転だけど。
最初のサービスエリアに入ると、やはり、バッタリとバスに出くわした。
どこまでもしつこい我々である。が、楽しい。
こちらは山道をのんびり、約1名途中で酔ったりしつつ走ってきたわけで、
むこうは高速を走ってきたのだから、むこうの10分休憩の間に追いついたのは、偶然。
だが、帰る先は同じなので、偶然がこれからも起こる気がする。

さて、そこからは、僕が運転を担当することにした。
さっきも書いたが、車は、ミッション車。
かつて、トラックならさんざん運転したことがあるが、もはや、発進の感覚は忘れてしまっている。
できれば、走り出したら途中で停まりたくない。
しかーし。高速道路の途中で、工事をしていた。その区間は、片側交互通行である。
係の人の指示で、道路上に停車。対向車の通過を待つ。
停まるのはなんとか停まれるのだ(停まれないならさすがに運転は引き受けない)。
そして、合図で、発車。ブオオオオン!…プスン。エンスト。
高速道路上でエンストしてしまった。

まぁでも、ブルーハーツを聴きながら、だんだん開けてくる景色を楽しみつつ、
快調に、徳島へとドライブ。そして、大鳴門橋から、淡路島へ。
この時に、突然、寂しくなった。とっても楽しい旅ももうすぐ終わる。
左の海は、美しい瀬戸内の海がキラキラと光る。
右の海は…むこうに見えるのは、白っぽい、都会…。
ああ、あそこに帰るのね…。
淡路島を走る間だけ、車内は、静かになった。

観光気分の最後の砦(?)淡路サービスエリア。目の前に明石海峡大橋、むこうは神戸の街。
橋を渡れば、もう帰ったも同然、である。
…しかし、道路情報を見ると、「阪神高速神戸線 渋滞1■キロ」…?!?!

…うーん、この旅日記を、どうやって終えればいいのか、わからなくなってきた…。
まぁ、あとは、学校に立ち寄って、またまた後輩と道ですれ違ったりしつつ、
夜、家に帰ってきたわけだ。

結局、演奏会でお腹いっぱい、高知でお腹いっぱい、そして、やたらと人と出会った、
…1泊2日とは思えない、濃~い、旅だった。楽しかった!楽しんだ!!

高知で、給油中に撮った路面電車の写真を載せて、この旅日記を終えようと思う。

さて、ここで問題です。この路面電車は、いったいなぜ、謝っているのでしょうか?


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

東京へ。 [小さな旅]

東京に行ってきました。主たる目的は、お芝居「賢治島探検記」を見ること。
新幹線に乗り、品川駅で友人と待ち合わせ。

どこ行きたい?ってきかれたけれど、主だった観光地はだいたい行ったことがあるので、
特に行きたい場所もなくて、悩んだけれど、結局、僕がリクエストした場所が…
…ど~こだ?

続きを読む


鎌倉・東京~その3 伊丹へ、編 [小さな旅]

今年も大詰め。
「鎌倉・東京」のその3、年内に書いてしまいたいので、
大掃除の休憩がてら、パソコンにむかっています。

「その1」で、鎌倉にむかい、http://blog.so-net.ne.jp/mizu-clover/2005-12-26-1
「その2」で、観劇をして、http://blog.so-net.ne.jp/mizu-clover/2005-12-26-2
その後、12月
22日の深夜、新宿駅前で途方に暮れたわけですが。そのつづきを。

さきほどわかれた友達に「どうしよーっ」って電話をしたところ、駅前まで戻ってきてくれた。
仕事が長引いて帰れなくなった時に使うネットカフェが新宿にあるというので、
連れて行ってもらった。駅から徒歩4~5分だった。
ネットカフェでいろいろ調べて、宿を探すなりなんなりしよう、と思ったのだ。

ところが。このネットカフェが、結構快適だったのだ。
個室になっているし、リクライニングシートがかなり後ろまで倒せるし、足置きまでついている。
おまけに静かだし。朝までで1000円ちょっとだし。
ここで寝ちゃおう。そう決めるのに、そう時間はかからなかった。

シャワーも無料で使えたので、予定外にさっぱりさせてもらった。
インターネットもできたので、情報収集。
そこで初めて、雪の情報を知った。ニュースで、新潟の停電のことを知り、
高速道路のサイトで、通行止めのことを知った。全然、知らなかった~。
翌朝の電車の時刻も調べた。
いろいろ調べられて、よかった。

2時間ほど寝て、午前5時前、新宿駅へむかった。
人がまばらな、新宿駅南口。

続きを読む


鎌倉・東京~その1 鎌倉編 [小さな旅]

今月22日、雪のため東京で足止めを食った日。
夜にお芝居を見るために上京したんだけれど、せっかくなので、昼間は友達と観光をしていました。

あの日は、大阪も、雪が積もったんだってね。
僕がいたところは、ずっと、いい天気だったので、
そんなにひどい雪が日本中で降ってるなんて知らなかった。
だから、まさか、その日の夜のバスが雪で運休になるなんて、思いもしなかった。
朝、新幹線で東にむかった時は、途中、京都の手前で雪が積もりだし、
静岡県にさしかかるくらいまでは、雪が積もっていて、新幹線は、22分ほど遅れたんだけど。

ずっといい天気だった、というのは、
この先掲載する写真を見ていただくとわかると思う。
おまけに、寒さもそんなに感じなかったし。

行きの新幹線から見た、美しい富士山。雲1つない、快晴!!

友達と待ち合わせて、いざ鎌倉へ。

続きを読む


鞍馬温泉 [小さな旅]

昨日の話。

行き詰った。メールの返信の言葉も出てこないくらいに。
こりゃリフレッシュが必要だ!と判断し、午後2時ごろに家を出た。
むかうは、京都は洛北、鞍馬。

叡山電車の車窓から見える紅葉が、美しい。
山全体が、色づいてるの…。

でも、あいにくの雨、しかも、ほとんど暮れかけ。
もっと美しく見られたはずなのになー。

で、鞍馬に着いて、鞍馬寺に入ってみたものの、ちょうど、真っ暗になりかけの時間。
入り口だけで、引き返した。

看板にあった、「くらまおんせん」に行ってきた。
露天風呂に入った。暗闇、雨。でも、快適だった。
芯から癒されて、帰ってきた。

続きを読む


前の10件 | - 小さな旅 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。