So-net無料ブログ作成
検索選択

劇場は、「いい感じ」な空間ですよ [キャラメルボックス]

「劇場」に行ったことのない方へ。 
キャラメルボックスの公演の会場って、どんな空間なのでしょう。

前の記事で、キャラメルボックスの公演にぜひ行って!という記事を書きました。
ここでは、劇場について紹介したいと思います。

誤解されている方もいらっしゃるかもしれませんが、
初めての人でも、男性1人でも、女性1人でも、気まずくありません。

1人で行っても、その空間にいるだけで、なんだか心の中から
少しずつ「楽しい」という気持ちが生まれてくる…そんな場所なのです。

ちなみに、サンシャイン劇場の客席数は、816席です。
…この数字も、イメージの手助けになると思います。

以前、「お芝居を観るのは初めて」という人と一緒にキャラメルボックスを観劇した際、
その人は、お芝居以外でもいろいろと驚いていました。

「もっと狭い会場だと思ってました。
でも、想像してたより大きくて、きれいで、びっくりしました。」

「劇場のイメージって、もっと暗くて、
勝手を知ったお客さんや顔見知りが多いと思ってました。
初めての人間がしかも1人で行くには気まずいと思っていました。
でも、そんなことはなくて、たくさんのお客さんがいて、
1人の人もグループの人も、それぞれが楽しんでる感じがよかったです。」

「グッズ売り場もなんだかおもしろそうだし(最初は買わなかったけれど)、
開演前にも音楽が流れてたり、なんか、観る前からわくわくしました。」

「っていうか、こんなところに、こういう『劇場』というものがあったんですね。
それすら知りませんでした。」

そして、僕も、初めて観劇した時、
何の気負いも必要なかったことを、今でも覚えています。
初めてなのに、すっと入れて、いろいろほどよくて、居心地がいい…そんな感じ。

僕の場合は、逆に、もっと大きなホールを想像していたので、
どこからも見やすく、一体感を感じられる劇場が、好きになりました。

気まずくなるほどこじんまりとはしていないし、
荷物検査をさせられるような大ホールのライブともまた違います。

劇場のホームページはこちら。
http://www.sunshine-theatre.co.jp/index.html

そして、こちらの、キャラメルボックス製作総指揮である加藤昌史さんのブログの記事も、
よかったら読んでみてください。
どのような考えのもと、劇場という空間ができているか、わかると思います。

http://caramelbox-kato.blog.so-net.ne.jp/2011-06-04 

入り口のところには、当日券の売り場やチケット当日受け渡しの窓口が、
わかりやすく配置されています。

入り口でパンフレットを受け取ってすぐのところが、ロビー。
思い思いに時間をすごせる空間です。
グッズの販売コーナーでは、
販売ブースの隣に見本コーナーがあり、
じっくり選んだり、「どんなのがあるのだろう?」とちょこっと見たりもできます。
初めての方にもわかりやすいけど、実は常連さんがこっそり「ニヤリ」と喜ぶ
いろんなものも隠されています。
何やら扮装した大きなブタさんのぬいぐるみとか、ね(←詳しくは現場でご確認を。笑)。

そして、客席へ。
温かくて、日常のすぐ隣にあるけど、日常とは違う空間。
そこで、目の前で繰り広げられる物語。
声はマイクではなく生声。音楽と照明が大切な役割を担う。
そして、一緒にいるお客さんと、一緒に笑い、盛り上がり、涙する。
いつのまにか、心が満たされている。
で、実は、気づかない場所で、しっかり、守られている。

…劇場は、そういう場所なのです。

なんだかよくわからない、暗い、気まずい、…そんなことないです。
敷居が高そう、初めてでも楽しめるかわからない、…そんなイメージとも違います。

そこは、みんなで生み出す、濃密な時間と素敵な空間。
大切な人と行くのもオススメ
1人で行くのもオススメです。

ぜひ、1度、行ってみてください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

キャラメルボックス2011ハーフタイムシアター東京公演、本日開幕 [キャラメルボックス]

演劇集団キャラメルボックスのハーフタイムシアター。
本日、東京公演が開幕しました。

大阪公演を観たのですが、おすすめです。ぜひ行ってみてください!
作品紹介や、私の観た感想は、また次回に書くとして、まずは公演情報を書きます。

ハーフタイムシアターとは?

 気軽に観られる上演時間60分の短編演劇。
 今回は、『水平線の歩き方』と『ヒア・カムズ・ザ・サン』を2本立てで上演。
 両作品のあいだの時間は30分で、客席・ロビーですごすことができます。
 もちろん、1作品だけ観ることもできます。
 上演開始時刻がいろいろなので、行きたい時に気軽に行くことができます。
 2作品の上演順は、日替わりです。

東京公演の日程、会場は?

 6月2日(木)~6月19日(日) サンシャイン劇場

 サンシャイン劇場は、東京メトロ有楽町線「東池袋駅」から、地下道で直結の徒歩5分。
 各線「池袋駅」からは、サンシャインシティの方を目指して徒歩15分。

 詳しい日程や行き方は、こちらをご覧ください!
 http://www.caramelbox.com/stage/halftime2011/index.html

チケットの取り扱いは?

 キャラメルボックス03-5342-0220に電話するか、
 http://www.caramelbox.com/ で予約できます。
 また、当日券も販売されます。

 今、東京では、エンターテイメントの前売り券があまり売れていないそうです。
 この公演も例外ではなく、特に平日は、まだまだ席があるそうです。
 巨大地震のあと、予定が立てづらくなっている人が多いからだと思われます。
 ということは、逆に言えば、思い立ったらいつでも行ける、ということです。

 夜の公演なら当日の16:00まで予約できますし、
 平日なら、当日券でも、今の状況なら確実に観られるでしょう。
 平日の19:00開演なら、見終わってもまだ20:00!
 平日の20:30開演、なんてのもあります。お仕事の後にいかがですか?

 チケット代は1作品4,000円。
 「1時間で4000円」というと割高に感じるかもしれませんが、 満足度は2時間ものと一緒!
 いや、むしろ1時間に凝縮されたこちらの方が好きという方もいらっしゃると思います。

 それでも、観たことのない方にとっては、躊躇するお値段かもしれません。
 観てしまえば、値段以上のものを体験できるとは思いますが、 まずは最初の1歩。
 半額で見られる方法などもあります。
 詳しくは下記WEBサイトをご覧ください。

 http://www.caramelbox.com/stage/halftime2011/index.html

どちらの作品も、観れば元気になれます!
1時間なんてあっという間。でも、こんなに濃い1時間はなかなかないでしょう。
1時間で完結するストレートな物語。笑いがたくさんあって、それだけでも元気になる。
でも、最後には、心の底から元気になるような何かをもらえることでしょう。

「人を信じること」「人を想うこと」…それをもう1度信じて、
明日へとむかう温かいエネルギーをもらえるような。

さぁ、平日の夜、土曜の夜、1時間で元気になりたい人や心の洗濯をしたい人は、池袋へ行こう!

…土日の昼を観たくなった人は、急いで予約しよう(笑)…まだ間に合います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。