So-net無料ブログ作成
検索選択

「バイ・バイ・ブラックバード」終了 [キャラメルボックス]

キャラメルボックスの「バイ・バイ・ブラックバード」。全日程が終了しました。

前回の記事を書いたあと、さらに3回観に行きました。

18日(金)。仕事の後、1人で観劇。
セリフの「言葉」に真剣にむきあっていたら、いろいろ突き刺さってきました。
自分のことをいろいろ考えたりと、結構、心の体力を使う観劇となりました。
これはなかなか疲れました。

19日(土)。もともとは、行く予定はなかったんです。
でも、昼間に大阪のなんばのカラオケ店に行って、
劇中で使われる、AIRの「One Way」という曲を歌ったら、
「…観に行くしかない!」という気持ちになってしまい、阪神なんば線で神戸へ。

ちなみに、「One Way」は、2回目のパフォーマンスシーン(“記念写真”)と、
ラストシーンで流れていた曲。

製作総指揮で音楽監督でもある加藤さんに、終演後に、
「One Wayを歌ったら“観るしかない”ですね」という話をしたら、
実際歌ってみて初めてわかったこの気持ちを、すごくわかってくださいました。笑
あれは…切ない…。
で、観に行ってよかったです。

あと、この日は、4回めにして初めて、鍛治本さんに泣かされました。
東京で観た時と、全然違う風に見えたのは、
演技の変化なのか、僕の変化なのか。
東京では、「諦めと開き直り」に見えたのが、
「自分のふがいなさと、両親への思い」が伝わってきて。
この日一番心を動かされたのは、鍛治本さんの一連のセリフであり、
そして、大好きなシーンとなりました。

で、20日(日)。大千秋楽
有馬さん、やりたい放題に楽しんでたような…。楽しかったです。

終わった寂しさよりも、背中を押してもらったような気持ちの方が大きいです。
また、何年かしたら、観てみたいな。
その時には、自分自身の変化によって、また違う何かを感じられるような気がします。

そして、手元には、サウンドトラックCD。
これも、素敵な出会い。

…あ、そうそう。大千秋楽の「出演者による一言挨拶」の、BGM。
AIRのとある曲だったのですが、
一瞬音量が大きくなった時、ちょうど「フラッシュバック」という歌詞が聞こえてきて、
なんだか「うわっ」と、心動かされたのでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

【ネタバレ】「バイ・バイ・ブラックバード」 [キャラメルボックス]

前回の記事で書いた、「バイ・バイ・ブラックバード」ですが。
2度、観劇しました。
思ったことを書いてみようと思います。

以下、ネタバレあり


キャラメルボックス「バイ・バイ・ブラックバード」 [キャラメルボックス]

今、新神戸オリエンタル劇場で上演中の、
演劇集団キャラメルボックスのお芝居「バイ・バイ・ブラックバード」。

いろんな人…とりわけ、演劇を観たことのない人に、
ぜひぜひオススメします。

とある病気の流行のため、数年分の記憶を失う人が多数発生。
ここは、現代の東京の、とある学校。
そこは、記憶を失った人が、記憶の年齢別のクラスで、改めて勉強する場所。
ナツカは、16歳のクラスに入った。そこには、他に4人の「16歳」がいた。

「16歳までの記憶しかない」「16歳以降の記憶がない」…そういう人たちの葛藤。
「身近な人が、16歳以降の記憶をなくしてしまった」…周囲の人たちの葛藤。
そして、お互いの、想い…。

切なかったり、温かかったり、いろいろな想いが描かれています。

いろんな人の気持ちに触れてみたり。
自分だったらどうだろう…と考えてみたり。

観終わった後も、いろいろと想像がふくらむ、そんなお芝居です。
観る人によって、共感する人物も違うでしょう。

わかりにくいたとえかもしれませんが、
ストーリーや感情がめまぐるしく変わるお芝居を「ジェットコースター」にたとえるなら、
このお芝居は、「水族館の大水槽のようなお芝居」だと思います。
どの魚を観るも自由。空想で一緒に泳いでみてもいい。
眺めているだけでも、美しかったり、切なかったり。

でも、そんな中で、「おっなんだろう?」と思わせる展開があったりして、
物語が進んでいきます。

美しくもシンプルタッチで描かれて、人の気持ちがクローズアップされたお芝居。

そして、このお芝居、1度観ると、もう1度観たくなります。

1度めは、セリフを言っている人に注目して観るでしょう。
しかし、2度めは、きっと、
観た人それぞれが注目したいと思う、「誰か」を追いかけて観たくなるはずです。
しかも、追いかける人は、おそらく人それぞれ。

20日の日曜日まで、新神戸オリエンタル劇場で上演中。

詳細はこちら。http://www.caramelbox.com/

ネタバレの感想も書きました、こちらも、近々アップいたします。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。