So-net無料ブログ作成

ハーフタイムシアター2009 [キャラメルボックス]

演劇集団キャラメルボックスの公演を観に行ってきました。

 今回の公演は、1時間のお芝居の、2本連続公演。
1本だけ観るもよし、2本連続して観るもよし…です。

大阪公演は、もう終わってしまいますが、
3月5日から、東京公演があります。

日程や、ストーリー、チケットなど、詳しくは、こちら。
http://www.caramelbox.com/

1時間のお芝居だけあって、ストーリーが、ぐんぐん進みます。
1つのシーンで、1つの気持ちに浸っている場合ではありません。
だから、観ている間は、ただただ、グーッと引き込まれている感じ。
心を揺さぶられていることには気づいていても、
その気持ちを分析したり、味わったりしている場合ではないのです。

「すべての風景の中にあなたがいます」
の方は、分析せずに書くと、「きゅん、きゅん…うわぁ!」って感じです。
…まぁつまり、恋のお話。

本当は切ない恋なんだけど、切なさはほとんど描かれていません。
それでも、温かいような切ないような気持ちに、ずっと包まれていました。

こちらは、原作を先に読んでいたので、
「どういう風に舞台化するんだろう」という興味もあったりして…。

岡田達也さんと細見大輔さんの絡みが、おもしろくて…!!
ああ…笑いました~。楽しい!!

あと、そのステージが初舞台だった、稲野杏那さん。
キラキラしてて、ひきこまれて、笑いました。
ピッタリの役をもらったようで…。
そのシーンが終わると、次の登場が楽しみでした。
印象に残りました~。

「光の帝国」は…「わぁ、わぁ…うわぁ…!!」って感じ…。
こちらは、原作を読まずに観劇しました。

とある少年が、とある人に出会って、とある体験をして、
1歩、成長するお話。

子どものお話だけど、ビターな味わいでした。
ある意味、人生そのものがテーマになっているというか…。

なんだか…圧倒されました。
本当なら、苦手なタイプのお話。
嫌いという意味ではないですよ。
いつもなら、いろいろ考えすぎてしまって、楽しめなかったりします。

でも、今回は、うまく、その世界と、出会うことができました。
楽しいから、ひきこまれて、信じられて、素直になれて…。

1人の人の人生の記憶…それは…1つの見せ場のシーンになっていました。
↑ごまかして書きましたが、ご覧になった方ならわかると思います。
グッときました。

どちらも、人を想う気持ちを描いていて。
でも、描き方が違ってて。味わいも違ってて。

ぜひ、気軽に観に行ってほしいです。
1時間で、何よりも楽しい体験ができるだけでなく、
その後、どんどん余韻が広がっていくこの感じ…。

東京公演は、新宿で上映。
土日は残念ながら完売したそうですが、
火曜日、木曜日、金曜日の夜は、まだ大丈夫。
19時の回なら、20時には終わりますし、
仕事で遅くなってしまっても、21時からの回もあります!
…もちろん、2本連続観劇も、オススメです!

たくさんの人に観に行ってほしいです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。