So-net無料ブログ作成
検索選択

ポンチョム・de・ナイト [演劇]

9月4日。
隕石少年トースター、という劇団の、番外公演「ポンチョム・de・ナイト」を見てきました。

声に出して笑いっぱなしでした。そして、ほっこりとなる「オチ」に、
「そういうことか!」と嬉しくなると同時に、心温かくなりました。

「番外公演」と書きましたが、この公演は、新神戸オリエンタル劇場で、
1日だけ公演されるという企画だったのです。1時間のお芝居で、入場料は1000円。

隕石少年トースターは、2004年に旗揚げした、まだ若いけれど現在成長中の劇団です。
劇団の紹介文には、下のように書かれています。

「隕石少年トースターがお送りする作品は、ドキドキワクワクして
最後にほっこりした気持ちになれるピクニックのような喜劇、 『ピクニック・コメディー』 です。
初めて演劇を観る方々にも楽しんでもらえるような、分かりやすい作品作りを目指しています。」

今まで3回見たことがありますが、感想は、まさにそんな感じです。
「ピクニックのようなドキドキワクワク」が、観ていて楽しいんです。
ほのぼのとしたお話を、ほどよくスピードアップした感じ」…でしょうか。
昨年末に観た時の感想は、こちらです。http://blog.so-net.ne.jp/mizu-clover/2005-12-18-1

あと1つ思うのは、とっても、丁寧に、お芝居が作られているなっていうことです。
初めて観る前は、「劇団名もちょっと変わっているし、まだ若い劇団だし、
コメディーっぽいし、勢い重視のお芝居かなぁ?」と予想していました。
でも、むしろ、丁寧に、練りに練られているのを、感じます。安心して、観ていられます。
どんなキャラクターでも、「なんだかほほえましいな」と好感を持ってしまったりします。
役者さんの丁寧な演技と、何よりも、おもしろくて温かい脚本に、魅力を感じます。

で、今回の「ポンチョム・de・ナイト」。ストーリーは…。
とあるピン芸人が、主役です。
彼は、新神戸オリエンタル劇場の上にある新神戸オリエンタルホテル宴会場で、
明日、本番を控えています。
今日は、下見のために、オリエンタルホテルにやってきました。
しかし、マネージャに連れてこられたのは、なぜか、新神戸オリエンタル劇場。
マネージャーが、間違えて、宴会場ではなく劇場を押さえてしまったのです。
予定していた会場の何倍もの大きさの客席。何倍もの広さのステージ。
無理矢理リハーサルをやってみても、広すぎて、うまくいきません。
上の宴会場は、既に他の団体が使用中。交代してくれるように一応頼んでみます。
劇場は、閉館時間の1時間前。
そして、劇場には、見学に来ている小学生がいて、リハーサルをずっと楽しみにしているのです。

…とまぁ、こんな感じで始まります。
お気づきかと思いますが、舞台は、まさに、「ここ」。

だから、お芝居は、劇場という建物そのものを生かしていました。
広い舞台上には、セットなどが何もないどころか、
一番後ろの幕も上がっていて、積んである機材や道具、壁が見えている状態です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「雨夢」を振り返って [キャラメルボックス]

「雨と夢のあとに」が終わって、2週間くらい経ちました。

19日まで、インターネット配信が行われていますね。
so-netの会員限定ですが、無料で見ることができます。
http://www.so-net.ne.jp/press-caramelbox/bc/index.html

今回の公演は、なんだか、やけに、終わるのが寂しいなって思いました。
福田麻由子さん…雨ちゃん…が、いろんな意味で中心にいる舞台だったから、
終わっちゃうってことは、その中心がぽっかり抜けちゃうようで寂しかったんです。
同じメンバーのお芝居は、もう見ることができないし、
大好きな桜井親子にもう会えないというのは、寂しいですね。

朝晴さんを演じた、岡田達也さんの日記が、「雨夢」の公演中、
「父娘物語」というタイトルで、更新されていました。
1~14まであります。雨ちゃんと朝晴さんとしてすごした2人の物語です。
おすすめです。短いので、ぜひ読んでみてください。
http://www.hosomi.com/okada/

「14」を読み終わったあとは、暁子さん役の岡内さんの日記もぜひ。
http://www.hosomi.com/okauchi/ 「愛すること」というタイトルです。
岡内さんは、公演のあと、いつも、自分の役について書いて下さいます。
何十ものステージを…もしかしたらそれ以外の時間も…
役として生きた岡内さんの言葉には、いつも、ハッとさせられます。

「ネタバレブログ」もオススメです。http://blog.so-net.ne.jp/caramelbox-netabare/

全公演が終わったあと、Podcastの「雨夢スペシャル」を少しずつ聴いています。
http://blog.so-net.ne.jp/caramelbox-kato/の、画面左側にあります)
千秋楽の朝、とっても寂しがっている出演者の方もいらっしゃいましたが、
みなさん「最後だとはいえ、今日が初めてのお客さんもいらっしゃるから、いつも通りに」
と、言い聞かせていらっしゃいましたね。

前回の「雨夢」の記事にいただいたコメントの中の、
「思いやり」という言葉を読んで、1つ、思ったことがありまして。

暁子「お年寄りに道を聞かれても教えてあげない」
朝晴「ええっ?!(ガクッ)雨に嫌われませんかねぇ」
というようなセリフがありましたよね。

普段、親子で、どんな会話をしているのか、見える気がするのです。
きっと、父親が言うまでもなく、雨ちゃんは誰にでも親切で、
当たり前のこととして行動できる女の子なんでしょう。
そして、きっと、朝晴さんだってそうだと思います。
もし、父親が親切にしなかったら、雨ちゃんはちゃんと注意するでしょうね。
朝晴さんが、どんな風に雨ちゃんを育ててきたのかが、伝わってきます。

これ、とっても、大切なことですよね。
ぜひ、こういう親子でありたいなぁ…と、思いました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

高知旅日記 [小さな旅]

昨日は、うちの近所で、スピッツが企画する、野外ライブイベントがあったようで。
ラジオが、そんな話題でもちきり。
ライブレポートの載っているサイトを探して、ちょっと読んでみたり…。

さてさて。
8月の27・28日、高知に行ってきた。
27日の夜に行われた、大学オーケストラ部の、高知公演を追いかけて。

友人から、そんな企画が持ち込まれて、即、乗っかった。おもしろそう!
で、実際、楽しかった。地味なこだわりをふんだんに盛り込んで…。

地味なこだわり…というのは、例えば、「行きと帰りは違うルートを通る!」とか、ね。

メンバーは、オケ同期3人衆。ただし、気持ちの上では4人。1人どうしても行けなくなったのだ。
3人とも、車はだんぜん前の席が好き。交代で、前の席に座った。

朝、関西を出発した我々は、まずは岡山方面へと走る。
瀬戸大橋経由で四国へ行くルートだ。
車は、メンバーの1人の所有車である、黄色のスイフト
この車が、こののち、高知のあちこちで目撃されることになる。
ちなみに、ミッション車。

車にはハードディスクが搭載されており、CDウン十枚分のデータが入っていて、
そこから、新旧洋邦問わず、いろんなジャンルの音楽がシャッフルされて流れてくるので、
音楽には事欠かない旅となった。
他には、僕が編集していった、「甲本ヒロトスペシャル」みたいなCD-Rを鳴らしてみたり。
「アクセル全開ゴゴッゴー♪」

おーすげぇ…とか言いながら、瀬戸大橋を渡る。
昼食をする場所は、相談するまでもなく、瀬戸大橋の中間にある、「与島」が選ばれた。
もの珍しさには、すぐ反応する、我々である。
そして、ここが香川県だという、それだけの理由で、うどんを食す。
空が広いから、太陽がまぶしい。気持ちいい。はるか上空を列車が通る。

そして、再び高速道路をひた走り、四国に突入。
ため池やとがった山を眺めつつ、水のない川を渡り、
高知道を経由して、高知へ。宿にチェックイン。
そして、国道を1時間ほど走って、とある海辺の街に到着。

いやー、素敵な街だ…。
と言っても、直接ホールに乗り込んだので、その周辺しか見ていないけれど、
海がきれい!静か!のどか!!
ホールのロビーは、24時間テレビのチャリティー会場にもなっていて、
そろいのTシャツを着た人がたくさんいる。
こりゃ、演奏会のアンコールはサライか?!などと考えてしまう。
ちなみに、その時点で、開演1時間半前である。

でも、楽屋として使っている部屋が、なぜだかロビーに面していて、
その辺にいれば、知っている後輩が通ったりもする。
結局、開演まで、ロビーですごすこととなった。

そして、演奏会。
6月の演奏会と同じプログラムなんだけど、
いやー…同じプログラムを聴くのが2度めっていうのは、楽しいね。
いろんなことがわかってるから、わかってて聴く楽しさがある。
前半、トランペットのソロがうまくいって、心の中でガッツポーズ。感動その1。

後半は、シベリウスの交響曲第2番。
僕は、この旅は、お気軽に楽し~い気分でふら~っと来たわけだけど、
突然、シベ2の世界に、引きずり込まれる。
ああ…この曲、大好きなんだった…自分…笑。
1人の自分は、ラッパパートを心の中で目一杯応援しつつ、もう1人の自分は、シベ2にどっぷり。
アンコールは、もはや、曲にどっぷり…である。これまた大好きなカレリア。

それにしても、一種独特の空間だったなぁ。
何がって、お客さん。楽章ごとにわきおこる拍手…とか。
オーケストラを聴く経験がほとんどない方々に、
生のオーケストラを心から楽しんでいただけたなら、大成功だと思うんだけど、
客席にいる限り、楽しんでいただけていた気がする。
前の席にいる年配のお客さんは、リズムに乗ってはったし、
カレリアが始まったら、「おぉ!カレリアやカレリアや!!」と、
両隣に話しかけてるお客さんもいらっしゃったし。
まぁ、「オケ経験者でシベ2は吹いたことある!」みたいな僕も、楽しんでたわけだけど。
そして、アンコールが終わったのに、シャン!シャン!と、全員揃ってつづく手拍子…。
演奏会を終わらせることができなくなり、最後は、出演者全員が笑顔で客席に頭を下げる
…という、美しくて楽しくてアットホームな光景が見られた。

お気楽気分で高知まで行った僕だけれど、心底、満たされたのだった。

現役の人たちのバスを追いかけて、高知市内へ。
そして、宿に一旦帰り、車を置いて、歩いて、地元のお店に行く。

当然、カツオのたたきは食べる。
お酒をちょっとだけ飲んで、いい気持ち。
なんだかんだで、楽しい1日というのは、心地よーく、疲れているものなのである。
ホテルに帰って、それぞれ休む。

翌朝。
高知城へ行くと、…やはり、みんな行くところは一緒なのか、
城の入り口でバッタリ、天守閣の階段でバッタリ、お城のベランダ(?)でバッタリ…と、
後輩に出会う。高知城の中でこんなに知り合いに出会うなんて、なんだかおもしろい。楽しい。
天守閣のてっぺんは、風が気持ちいい。

そして、お昼前に高知を出発し、あえて路面電車に沿った道を選んでもらってしばらく走り、
そして、山道へ。
ほどよく(←違うっ!)車に酔ってきて、「ごめん、一旦止めて~!」と頼んだ駐車場が、
ちょうど、大歩危。
スケールのでかい風景を目の前にして、e-maのど飴をなめて、酔いを静める。

そして、井川池田インターから高速に乗ろうとして、高速道路に沿った道路を走っていると、
高速道路に、見慣れた…っていうか、昨日の夜追いかけた、
某関西のバス会社の、2台のバスが…。
俄然テンションが上がる。追いかけるというのは楽しいものである。もちろん安全運転だけど。
最初のサービスエリアに入ると、やはり、バッタリとバスに出くわした。
どこまでもしつこい我々である。が、楽しい。
こちらは山道をのんびり、約1名途中で酔ったりしつつ走ってきたわけで、
むこうは高速を走ってきたのだから、むこうの10分休憩の間に追いついたのは、偶然。
だが、帰る先は同じなので、偶然がこれからも起こる気がする。

さて、そこからは、僕が運転を担当することにした。
さっきも書いたが、車は、ミッション車。
かつて、トラックならさんざん運転したことがあるが、もはや、発進の感覚は忘れてしまっている。
できれば、走り出したら途中で停まりたくない。
しかーし。高速道路の途中で、工事をしていた。その区間は、片側交互通行である。
係の人の指示で、道路上に停車。対向車の通過を待つ。
停まるのはなんとか停まれるのだ(停まれないならさすがに運転は引き受けない)。
そして、合図で、発車。ブオオオオン!…プスン。エンスト。
高速道路上でエンストしてしまった。

まぁでも、ブルーハーツを聴きながら、だんだん開けてくる景色を楽しみつつ、
快調に、徳島へとドライブ。そして、大鳴門橋から、淡路島へ。
この時に、突然、寂しくなった。とっても楽しい旅ももうすぐ終わる。
左の海は、美しい瀬戸内の海がキラキラと光る。
右の海は…むこうに見えるのは、白っぽい、都会…。
ああ、あそこに帰るのね…。
淡路島を走る間だけ、車内は、静かになった。

観光気分の最後の砦(?)淡路サービスエリア。目の前に明石海峡大橋、むこうは神戸の街。
橋を渡れば、もう帰ったも同然、である。
…しかし、道路情報を見ると、「阪神高速神戸線 渋滞1■キロ」…?!?!

…うーん、この旅日記を、どうやって終えればいいのか、わからなくなってきた…。
まぁ、あとは、学校に立ち寄って、またまた後輩と道ですれ違ったりしつつ、
夜、家に帰ってきたわけだ。

結局、演奏会でお腹いっぱい、高知でお腹いっぱい、そして、やたらと人と出会った、
…1泊2日とは思えない、濃~い、旅だった。楽しかった!楽しんだ!!

高知で、給油中に撮った路面電車の写真を載せて、この旅日記を終えようと思う。

さて、ここで問題です。この路面電車は、いったいなぜ、謝っているのでしょうか?


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

9月です。 [つぶやき]

♪またひとつ夏が終わる 音もたてずに
 暑すぎた夏が終わる 音もたてずに
 深く潜ってたのに               (スピッツ“夏が終わる”)

9月になると同時に、急に涼しくなりました。
(…いや、明日からきっとまた暑くなるんでしょうが…)

今週は、28日(月)と31日(木)を、ずっと前から、休日にさせてもらってました。
日曜日から月曜日にかけては、高知に行ってました。
とっても楽しくて…いや、この話は、また、ブログに書くことにしましょう
(…実は、もう書きかけているのですが)。

そして、木曜日は、前の記事に書いたように「雨と夢のあとに」を見に行きました。
最後の週に、とっても楽しい経験をして、そして、夏が終わりました。

♪キツネみたい 君の目は強くて
 彼方の 記憶さえ 楽しそうに つき刺してた

実はこの曲、先週見に行ったライブで、
チャットモンチーが、入場する時に、かかっていたんです。
あのライブも、楽しかったなぁ…。

今、久しぶりに、スピッツのアルバム“Crispy!”を聴いています。

♪日に焼けた 鎖骨からこぼれた そのパワーで
 変わらずにいられると 信じてた

別に、夏だからと言って、普段と違う生活をしていたわけでもないけれど、
ちょっと、夏を振り返ってみています。
(とは言っても、明日からまた暑いんだろうなぁ…)

ちなみに、朝6時半に出勤すると、職場の温度計は、いつも、34度2分をさしています。
…暑いを通り越して、意識が一瞬遠のきます…。ちなみにエアコンは朝はつきません…。
たとえライブに行こうが、お芝居を見ようが、翌朝は、朝の5時に活動開始してましたよ。

…さっ。終わるから、前に進めると、誰かが言ってた。
大好きな秋にむかって、がんばっていきましょう。
(とは言っても、あと数回は、このブログも、夏のネタでひっぱることになりそうです…)

追伸:夜になって、秋の虫が鳴き始めました。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。