So-net無料ブログ作成

ドライブで聴きたい曲 [CDの話]

ドライブに行く時に持っていきたい曲、聴きたい曲ランキング!

…というものが、オリコンのサイトで発表されていたのですが。

http://www.oricon.co.jp/news/ranking/20100/

僕が、「ドライブで聴きたい」ってきいてまず思い浮かべるのは、スピッツの「青い車」。
ランクインしていることを期待して、見てみたら、ありました!!
総合8位、そして、男性部門8位です。女性部門では、ベスト10には入らなかったみたい。

スピッツだったら、「ロビンソン」もいい感じですよ。結構気持ちよく走れます。

この中で、「あ、これ聴きたい」っていうのは、あとなんだろうなぁ…。

ジュディマリの「Over Drive」、いいですね。「走る~♪」って、気持ちよさそう。

ゆずの「夏色」!高速道路っぽいなぁ。これも気持ちよさそう。
あ、でも不思議だ。「細い細い裏道」とか、「ブレーキいっぱい」とか、「ゆっくりゆっくり」とか…
歌詞はのんびりしているのに、この心地よい疾走感は、いったい、なんだろう…。

今、ドライブでゆずをかけるとしたら、「飛べない鳥」もいいなぁ。一緒に歌っちゃいますよ。
僕は、心地よいスピードで走るのが好きだけれど、この曲聴きながら、
青空の下、広い景色の中を走ってみたい~。
それか、「日だまりにて」っていう曲があるんだけれど、それもいいなぁ。

他…ランクインしているアーティストだと…
ラルクだったら、「自由への招待」が聴きたいかな。
「暴走への誘惑 渋滞にて最悪♪」…あらら。

あと、ランクインしていないので、今思い浮かべたのは、
little by littleの「悲しみをやさしさに」。心地いいだろうなぁ…。

ドライブは年に3回くらいしかしないので、
「ドライブしながら聞いたら気持ちよさそう」という想像ばかりがふくらんでいます。

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

CYCLE HIT 1997-2005 /スピッツ [スピッツ]

今、ラジオから、スキマスイッチの歌う「チェリー」が!!!
うわっすごい!!ピアノ弾き語りのバラードだよっ!!!これは、「泣き」だよーっ!!!
最近聴いた、Bonnie Pinkバージョンも、いいんだなぁ。
FM802だけにとどめておくのはもったいないなぁ。全国の人が聴けるようになるといいなぁ。

さてさて、3月25日に、2作同時発売された、スピッツのシングル・コレクションですが。

「1991-1997」の方は先日紹介したので、
今度は、「1997-2005」の、全曲紹介を、やってみたいと思います。
…思い出もいっぱい語っているので、よく読むと、年齢がバレてます。笑。

この「1997-2005」は、現在、オリコンで、4週連続3位!!…わはは。

「1991-1997」ともども、4週連続で、2枚とも、トップ3にランクインしています。
http://www.oricon.co.jp/rank/ja/w/ ← 最新の、オリコン・アルバム週間ランキングです。

1.夢じゃない

もともとは、1993年のアルバム「Crispy!」の収録曲。
ドラマ主題歌に起用されることになり、1997年4月にシングルとしてリリースされました。
「Crispy!」の中の隠れた名曲として、好きだったのですが、有名になっちゃいましたね。
今でも、この曲は、「Crispy!」の中で聴く方が、しっくりきます。
 間奏部分の、音色が好きです。あと、間奏直後、オルガンだけの音で歌われる部分と。

2.運命の人

この曲を初めて聴いたのは、高校の、部活引退の日の夜でした。
達成感と寂しさを抱いて歩く帰り道、ラジオを聴くと、この曲が流れてきたのです。
この曲を聴くと、なんだかテンションが上がります。「偉大な獣」の直後のドラムが好きです。
そして、聴いて気持ちのいい曲ですね。サビの伸びやかさ。そして「神様~」の部分の音とか。

3.冷たい頬

高校を卒業した直後、旅先で、この曲を初めて聴きました。
四万十川の河原でテントで寝ていた時、深夜のラジオから流れてきました。
地味めの曲だとは思うのですが、聴けば聴くほど味が出てくる気がします。
切ないけれど、少しだけ力強いメロディーが、胸にせまります。

4.楓

この曲は、アルバム「フェイクファー」に収録されていたもの。
初めて聴いたのは、高校を卒業して、大学に入学する直前の、春休みでした。
そして、大学に入学して、空虚だった頃、
「僕のままで どこまで届くだろう」という歌詞が、やけにしみました。

5.流れ星

野外ライブで、星空の下で聴いた「流れ星」は、忘れられません。
スピッツの初期の曲を、改めてレコーディングしたものだそうです。
この曲、大好きです。メロディーも、歌詞も、アレンジも。ツボにはまります。
「君の心の中に棲むムカデにかみつかれた日」というフレーズには、やられました。
いろいろあった日の夜には、「誰かを憎んでたことも…浮かんでいたい」の部分に共感します。

6.ホタル

スピッツの新曲の発売は、実に1年10ヶ月ぶり。待ちに待った!という感じでした。
が、曲を聴いた瞬間に、そんな時の隙間なんて、一気に埋まりました。
凛とした、キュッとひきしまったような空気が感じられるところが、いいですね。
「ひとつずつ バラまいて片付け」という、何気ない一言が、しっくりと心にきます。

7.メモリーズ

世間のスピッツのイメージが、「癒し」だったりして、実際とのズレを、この時期よく感じていました。
もちろん、「癒し」の面もあるのですが、それだけじゃないのにって思ってました。
そんな頃に、この曲が発売されて、嬉しかったです。
曲はむちゃくちゃカッコいいのに、ちょっと情けない歌詞、という対比が、おもしろいですね。
そして、激しいけれど、実はとても親しみやすい曲でもあると思います。楽しい曲です。

8.遥か

動きのあるベース、寄り添うようなドラム、ギターのアルペジオ…。
ロビンソンや空も飛べるはずのような、シンプルな音のシングルが久々に出ました。
この曲は、特に歌詞が好きです。全体を通して。歌詞カードをぜひ見てほしいです。
スピッツらしくて好きなところは、「もう一度サナギになった」っていうところです。
「そんな裏ワザも無いけど 明日にはきっと…」

9.夢追い虫

ああ、もう、大好きです!!!この曲について語れるだけで嬉しいです!!!
好きな曲ベスト3に入ると思います。歪んだギターの音が、快感です。
特に、「命短き ちっぽけな虫です」のところの、盛り上がり方。泣けます!!
そして、そのあとの「上見るな…」からの部分も、いいですよね…。

10.さわって・変わって

この曲は、まずライブで聴きました。曲名を聞いて、会場からどよめきと「えー」という声が
聞こえてきましたが、イントロを聴いただけで、カッコよくてワクワクしました。
エロティックな雰囲気のただよう歌詞が、いつのまにか野球の歌に変わっている、という、
その、妙な展開が好きですね。
「もういいやとか言いたい時に こらえるオロかさで」という部分の、逆説的な発想が、おもしろいです。

11.ハネモノ

曲の始まり方がいいですね。
そして、1番で、サビにむかって少しずつ楽器が増えていくのが、おもしろいです。
聴きながら歩くと、曲と、歩調が合いますね。

12.水色の街

この不思議な空気が好きです。たった、3行×4。でも、独特で、深いですよね。
「川を渡る 君が住む街へ」。
それぞれ、イメージする「川」があるのではないでしょうか?
僕は、この「川」のイメージは、かつて1度見た、東京の荒川のイメージなんです。

13.スターゲイザー

この曲も好きです。特に、「明かされていく秘密」からの展開が、胸にしみます。
「一度きりの魔球を投げ込む」のところで、世界がサーッと広がる気がして、感動します。
あと、「すべてを嫌う幼さを 隠し持ったまま」というフレーズが好きです。

14.正夢

…この曲も大好き!!この曲の持っている雰囲気が好きです。
「そうそう!」って思える、ツボにはまる歌詞のフレーズが、たくさんあります。
「『届くはずない』とか つぶやいても また 予想外の時を探してる」
「少しも忘れられないまま なんか無理矢理にフタをしめた」

15.春の歌

新たなる決意とともに、改めて出発する歌だなって思います。
朝一番に、この曲を聴くと、元気が出ます。
力強いし、心にしみるし、好きですね。
間奏から最後のサビに入るところ(「春の~」)の、音が、好きです。

BONUS DISC 夢追い虫(early version)

完成版は、石田ショーキチさんとの共同プロデュースなんですが、
こちらのearly versionは、最初期の、スピッツ編曲のバージョンです。
アレンジはほとんど同じなんですが、それでもやっぱり、完成版の方が、だんぜんいいですね。
early versionは、淡々としている印象で、
完成版は、よりスケールが大きく、ドラマチックに感じられます。


nice!(1)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

SPITZ SONG MOVIE「海でのはなし。」 [スピッツ]

スピッツの、先月発売されたシングルコレクションから生まれた映画、「海でのはなし。」。
見ました。

よかったです!!

主演は、宮崎あおいさんと、西島秀俊さん。
スピッツの音楽でつづられた、感動の物語でした。

「ヤフー!動画」で、6月30日まで、無料で配信されています。
会員登録など一切不要で、誰でも、すぐに、簡単に見ることができます。
およそ70分の、ショートムービーです。
http://yahoo.tv-bank.com/special/spitz/index.html

この映画を見て、一番感じたのは、「共感」かなぁ。
なんか、「この気持ちわかる!」って思ったりして。

この先、ネタバレします。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画ドラえもん のび太の恐竜2006 [映画]

見たのはちょっと前だけれど。よかったですよ~。
たくさん笑って、感動して。

僕が見に行ったのは、平日の夜の回。
大人たちがたくさんいる中で、小さな子どもも見ているような、幅広い客層。
(そういう時間を狙って、見に行ったんです。おそらく春休み中の昼間だと、
客席はかなり違った雰囲気になっていたと思います。)

ゲラゲラ笑いながら見ていて、見終わったあと「おもしろかったー!」って言ってる小さい男の子。
感動して、涙があふれて、席を立てないでいる、僕と同い年くらいの女性2人組。
それぞれの楽しみ方で、いろんな人が楽しんでいました。
そんな中、隣の席で見ていた、小学校低学年っぽい女の子が泣いていたのが印象的でした。

見る前は、笑いは、期待していませんでした。
ところが…。まず、ある場面で、不意に爆笑してしまってから、いっぱい、笑いました。
それが、無理矢理ギャグで笑わされているわけじゃなくて、
登場人物がとっさにとる行動から、そのキャラがにじみ出てて、それで、笑うんです。
とても心地よい笑いでした。

感動は、期待以上!!
のび太とピー助との愛!それから、絆!!よかったです~!!

以下、ネタバレします。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

エニグマ・惑星。メカネロ。 [今日のできごと]

お昼は、演奏会を聴きに、伊丹へ。

曲は、エルガーの「エニグマ変奏曲」と、ホルストの「惑星」。

どちらも、生で聴くのは初めて。貴重な体験をした。

ホルストの曲、こうやって全体を通して生で聴くと、「神秘性」を感じたよ。
「火星」や「木星」などの、聴きなじみのある曲も、これから、聞こえ方が変わりそうだ。

そして、夜は、梅田に行って、メカネロというバンドが出演しているライブを聴きに行った。
聴きなれた曲を、生で聴いて、魂が浄化されるのを感じた。楽しかった~。

昨年秋に、とあるバンドが目当てで行った、とあるライブに、メカネロも出演していた。
で、気に入って、CDを買って、この半年で何十回か、聴いた。
普段は東京で活動されているらしく、大阪でのライブを、ずっと楽しみに待っていた。
そして、今日、ようやく、生で、好きな曲が聴けたわけだ。嬉しかった。

あ。ライブ前の転換の時間に、いろんな洋楽に混じって、スピッツの「甘い手」が流れてきたっけ。
個人的に、サプライズ。思いがけず聴けると、嬉しいものだ。

家に帰って、テレビで、ベルリンフィルのピクニックコンサートを、ちょっとだけ見た。
いいなー。大人数で、外で聴く、クラシック。
みんな伸び伸び聴いてて(ニコニコしてたり、踊ってたり)、楽しそう。
僕が見た時にやっていた曲は、サンサーンスの「動物の謝肉祭」。
この曲、生で一度聴いてみたい!!!

で、今日のライブでいただいた、メカネロの1曲入りのCD-Rを、今聴いてる。
あまりに心地いいので、もうすでに1時間くらいエンドレスだ。

写真は、ライブ帰りに立ち寄ったラーメン屋さんの、ラーメン。
どこかわかりますか???透明スープがおいしい…。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

功名が辻「一番出世」 [ドラマ]

明日には、次の回が放映されるので、早く書かないと…。

しばらく、「功名が辻」の記事を書いてなかったけれど、
毎回、見てますよ~。おもしろいです。

おもしろいと言っても、結構、シリアスな回がつづきました。
そこはやはり、戦国時代なので。
戦いとは?さむらいとは?…心の痛みが、伝わってきました。
1話完結な感じじゃなくて、そういう雰囲気がつづいていました。

そんな中、一番印象に残った場面は、一豊が戦場から雨の中帰ってくるシーン。
ジーンときました。
そして、別な意味で印象に残ったのは、三谷幸喜さんの演技!!おもしろいよ~。
哀れな感じを見事に演じられていて、「切ない大笑い」をさせていただきました。

さてさて。今回は、戦争は一旦お休み。秀吉が長浜の城主になり、街づくりをします。

まず思ったのは、千代が、ずいぶん強く、賢くなりました!
今までは、ただ一豊のことを心配しているだけだったりもしたんですが、
これから、ますます、一豊との関係が、おもしろくなりそうです。

そして、あの人物の登場。痛快でした。

久しぶりに、初期のような、いろいろな人の心模様が描かれた、心地よい人間ドラマでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

てるてるあした、今夜第1回放映 [ドラマ]

今夜、テレビ朝日系列で放送!(地域によって異なりますが)。

金曜ナイトドラマ「てるてるあした」。

3月まで、「時効警察」をやっていた枠です。

見ますよ!!!!!

まず、原作が大好き!加納朋子さんの小説です。

それから、脚本が、演劇集団キャラメルボックスの成井さんと真柴さん!!

音楽は、キャラメルの「賢治島探検記」や「スケッチブック・ボイジャー」でおなじみの
清水一雄さん!!!

主演のお2人も好きです!黒川智花さんと、木村多江さん!!

そして、同じスタッフで作られ、昨年放映されたドラマ「雨と夢のあとに」も大好きでした。

…見なくてどうする!!!

期待しちゃいますね~。「どんな風になるんだろう」っていう楽しみもあるし。
…どんな風になるのか、予想つかないなぁ…。

と、いうわけで。みんな見てね。

http://www.tv-asahi.co.jp/teruteru/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

CYCLE HIT 1991-1997 /スピッツ [スピッツ]

3月25日に、2作同時発売された、スピッツのシングル・コレクションのうちの1作、
「CYCLE HIT 1991-1997 Spitz complete Single Collection」が、

オリコンで、3週目にして、1位を獲りました!!

http://www.oricon.co.jp/rank/ja/w/ ← 最新の、オリコン・アルバム週間ランキングです。

それを記念して、全曲について、一言ずつ書いていきます!!

1.ヒバリのこころ

 デビュー曲です。そして、むっちゃ好きな曲です!
アップテンポで力強い曲。未来への意志がこめられた歌詞に、元気が出ます。
明るくて開放的な曲調なのに、ラストだけ短調になるところが、渋くて好きです。

2.夏の魔物

 懐かしい日本の風景のようで、ほどよい湿度も感じられる、ちょっと不思議な歌詞。
メロディーも寂しげ。でも、それが、結構テンポの速いバンドサウンドと合わさって、
いい味を出してます。「なーつーのー 魔物にー」のところのメロディとリズムが好きです!

3.魔女旅に出る

 バンドサウンドに弦楽器が加わったかわいらしい音が、この曲にピッタリ。
現実とは別の、でも現実より鮮明な世界に、聴くだけでトリップできてしまいます!
この、一見なんてことのないサビの部分が、たまらなく、いいんだなぁ…。

4.惑星のかけら

 「ほしのかけら」って読みます。へヴィなイントロで始まるので、初めて聴いた時は驚きました。
スケールの大きなサウンドやタイトルに対して、歌詞のギャップがたまりません。
そして、草野さんの歌声が、珍しく、低音です。ザラザラ感が心地いいです。

5・日なたの窓に憧れて

スケールが大きくて、温かいギターサウンドのバックで、
ずっと「ピッコッピッコッ♪」と鳴っていて、SFっぽくて好きです!
メロディーが美しい!でも、ちょこっとだけ、ひねくれたところもあって。そのセンスがいいですね。

6.裸のままで

 今までの曲から、一転、いきなり、サックスや弦楽器がド派手に鳴ります。
「君を愛してる」って、高い声で言い切っちゃったりしてます。ベースの動きが好きです。
スピッツ史上、おそらく一番ポップに振り切ったこの曲。突き抜け感が心地いいです。

7.君が思い出になる前に

 スピッツの中では、かなりシンプルなバラードだなって思います。美しい世界です。
でも、「君の耳と鼻の形が 愛しい」ってところが、さすがです。

8.空も飛べるはず

 もともと1994年に発売されたんですが、1996年にドラマがきっかけで大ヒットしました。
今では、卒業式の定番ソングの1つとなっています。なんだか、ひきこまれる曲です。
「君と出会った奇跡が この胸にあふれてる」というフレーズを実感する場面ってありますよね。

9.青い車

 ドライブに出かけたら、ぜひ聴きたい曲ナンバーワン!できれば海を見ながら。
疾走感が心地いいです。「青い車」っていう言葉の響きがいいな。
そして、この車の持ち主は、「君」。我が家には車がないので、こんなところにリアリティが。

10.スパイダー

 ギターが弾けたら、真っ先に、この曲のイントロを弾いてみたい!!
ライブで聴く機会が多いです。
聴く時の気持ちによって、いろんな印象に感じられるなって思います。

11.ロビンソン

 スピッツがこれまでやってきた音楽が、一番いい形で結晶したような名曲だなって思います。
この浮遊感、そして美しいメロディー。唯一無二だと思います。魅力がキュッとつまっています。

12.涙がキラリ☆

 七夕に発売!この曲は、たぶん、僕がスピッツを耳にした、最初の曲です。
CMで使われていたから。特に夏になると、むしょうに聴きたくなります。
花火大会に女の子と出かけて、ドキドキしているようなイメージがあります。

13.チェリー

 何日か前にこのブログに書いたけれど、最近好き度がどんどん上がってきています。
高校時代を思い出す曲でもあるし、今現在、とても新鮮な曲でもあるし。
シンプルだけれど、いつまでも生き生きと心に残る、いい曲だなって思います。

14.渚

 この曲を聴いたのは、まだスピッツファンになる前だったけれど、まず、歌詞にハマりました。
儚い願いのような、祈るような気持ち。そんな歌詞に、ひきよせられます。
儚さと、力強さが、同居している気がします。

15.スカーレット

 僕が初めて買ったスピッツのシングルは、この曲です。
聴いて温かい気持ちになります。珍しい、冬の曲ですね。

BONUS DISC めざめ(空も飛べるはず)

 「空も飛べるはず」のプロトタイプです。歌詞がちょっとだけ違うんですが、
それだけで、ずいぶん印象が変わりますね。切ないというか、胸がチクリと痛みます。
「空も飛べるはず」って、男の子が思春期に「めざめ」る様子を連想させられるフレーズが
散りばめられている気がするのですが、「めざめ」だと、それがより色濃く出ている気がします。

このディスクに入っている曲のほとんどは、
1996年から1997年にかけて、スピッツが好きになった頃に一気に聴いた曲たちなんです。
そして、「1997-2005」のディスクに入っている曲は、
新曲としてリアルタイムで聴いた曲たちです。そちらの方は、またいつか…。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

雨の降り始め [今日の写真]

周囲で、やけに風邪が流行っています。みなさま、お気をつけください!!

今日は雨。土砂降りでした。
4月5日の雨の日に撮影した写真を載せます。

 
雨の降り始め。
塀は、縞模様を描いて濡れていく。
刻まれた溝に沿って…。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

岸和田城の桜 [今日のできごと]

桜を見たい!ってことで、昨日は、岸和田城に行ってきた。

南海電車の、蛸地蔵駅で下車。駅前の地図で城の位置を確認。
そして、細い道を、てくてく歩いてく。角をまがると、目の前に広がった景色は…。

息を呑んだよ。きれい!!

写真には桜は1本しか写ってないけれど、
お濠のふちは、桜並木!
お濠に沿って、お城の周りを一周した。

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。