So-net無料ブログ作成
検索選択

「エンジェル~」2・3回目 [キャラメルボックス]

※「CaramelBox★加藤の今日 Blog」にトラックバック送信いたしました。
http://caramelbox-kato.blog.so-net.ne.jp/2009-11-22

エンジェル・イヤーズ・ストーリー。
20日(金)に2回目、22日(日)に3回目の観劇をしました。

観るたびにいろんな見方ができるお芝居だと思います。
何回でも観たくなりました。

名古屋神戸公演は終わってしまいましたが、
11月28日~12月25日、東京公演があります。

詳しくはこちら。http://www.caramelbox.com/

この先、ネタバレの感想を書きます。
まだご覧になっていない方は、読まないことをおすすめいたします。

 

14日の観劇の感想で、僕は、
娘の父への辛らつな言葉で胸が痛んだ…というようなことを書きました。

でも、20日の観劇では、まるで逆。
「その心の叫びを、もっとお父さんに聞かせてやれ!」と思ったのです。

1つのお芝居で、こんなに見方が変わる経験って、初めてで、驚き。
こういうのっておもしろいな、と思いました。

たいてい、観劇をする時は、
あまり、特定の人物に感情移入をしません。
その場の空気や、みんなの感情を、
できるだけ「カラッポで全開の心」で受け止める感じです。
しかし、今回は違いました。

最初の観劇では、西川さん演じる「父」の立場で観ていたようです。
だから、娘の言葉が辛かったわけで。

でも、2回目の観劇では、子どもたちの立場で観てました。
こんな頑固なお父さんだったら、やっぱり悔しいし、変わってほしい。
自分が子どもの立場でも、同じ気持ちになると思います。

で、3回目は、やっと、普段のように、
誰かに味方をしたり思い入れたりせず、ただ浸っていました。
そうすると、今度は、クライマックスシーンの、
春樹さんと秋人さんの兄弟にやられました。

最初の観劇の感想で、
「もっと深くなる」「もっと心揺さぶられるようになる」
と書いたのは、実はこのシーンのことで。

その揺さぶられ方は、予想以上でした。
心の動きが、響き合って、大きな波となって伝わってきました。

このシーン、2回目の観劇では、丈二さんに注目し、
3回目は、多田さんに視線をむけました。
…こんな多田さんを初めて見た気がします。
すごかった…。

ラスト近くの病院のシーン。
2回目の観劇の時、車椅子に乗る丈二さんの顔が、
自分の席からよく見えました。
あの表情に、胸を打たれました。いい表情でした。

前述の、丈二さんと多田さんのコンビネーションもすごいけど、
綾さんと坂口さん、三浦さんと小林千恵さんの組み合わせも好きです。
声は違うはずなのに、どちらが話しているのかわからなくなります。
それくらい、話し方やトーンなどが、2人で1つになっている、ということです。

それから、左東さん演じる詩郎くんの、柔らかな雰囲気が好きですね。
お気に入りキャラクターです。

他人は変えられないけど自分は変えられる、という言葉があります。
でも、自分の「変えるべきところ」にはなかなか気づきにくく、
自分を客観的に見るのも難しくて、
そういう意味では、自分を変えるのも難しいものです。

でも、お互いの気持ちを通わせることで、
お互いに、いい方向に変わっていけるんですね。

最初の観劇では子どもたちが変わることを期待し、
2回目の観劇では父に変化を求めましたが、
3回目は、このように感じました。

父と子どもたちが、自分を変えようとしたわけでもないし、
相手を変えようとしたわけでもない。
ただ、お互いを認めただけ。
それだけで、変わっていけるのです。

相手の想いを知り、自分の気持ちも伝えること。
そのことの大切さが、改めて胸に響きました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。